特別養護老人ホーム

Special elderly nursing home

介護保険法令に従い、ご契約者(利用者)が、その有する能力に応じ可能な限り自立した日常生活を営むことが出来るように支援することを目的として、ご契約者に、日常生活を営むために必要な居室および共有施設等をご利用いただき、介護福祉施設サービスを提供します。

概要

入所可能人数
90名
入所対象者

介護保険で 要介護3~5 の認定を受けられた方

※ 介護保険法等の改正により、 平成27年4月1日以降、 特別養護老人ホームへの新規入所は、 原則として要介護3以上の方が対象となりました。
ただし、 要介護1または2の方であっても、やむを得ない事情により在宅生活が困難な状態である場合は、 新規入所が認められる場合があります(特例入所)。

相談対応時間
9:00~17:30
利用料金
特別養護老人ホーム「利用料金表」(平成30年4月1日現在)

職員の配置

職種業務内容・勤務体制
介護職員
(ケアワーカー)

ご契約者の日常生活上の介護並びに健康保持のための相談・助言等を行います。
3名の利用者に対して1名の介護職員を配置しています。

標準的な時間帯における最低配置人員
  • (早朝) 5:00~ 7:30 4名
  • (日中) 9:30~16:30 6名
  • (夜間)19:00~ 5:00 4名
生活相談員
(ソーシャルワーカー)

ご契約者の日常生活上の相談に応じ、適宜生活支援を行います。

標準的な時間帯における最低配置人員
(日中)9:00~17:30 1名
看護職員 主にご契約者の健康管理や療養上の世話を行いますが、日常生活上の介護、介助なども行います。
機能訓練指導員 看護職員が兼務で機能訓練指導員として担当します。
管理栄養士 当施設の食事は、専任の管理栄養士が、嗜好や健康に配慮した献立をたて、提供します。

居室について

居 室客数備考
個室
(一人部屋)
8室 タンス、洗面設備完備、電動ベッド
(14㎡, 14.5㎡, 15㎡)
個室
(一人部屋)
8室 タンス、トイレ、洗面設備完備、電動ベッド
(14㎡, 14.5㎡, 15㎡)
2人室15室 収納庫、洗面設備完備、電動ベッド (19.5㎡)
4人室11室 納庫、洗面設備完備、電動ベッド (39.0㎡)
食堂3室126.15㎡
機能訓練室1室平行棒、肋木、マット (39.0㎡)
浴室1室一般浴・特殊浴槽・脱衣室 (90.0㎡)
医務室1室静養室に隣接 (19.5㎡)
介護福祉施設 食堂
個室
二人部屋
四人部屋
浴室
介護福祉施設 送迎車両
previous arrow
next arrow
previous arrownext arrow
Slider

入所の流れ

Flow

1.ご相談・お問い合わせ

1.相談・お問い合わせ

あらかじめお電話で相談日をご予約ください。ご予約来所は基本的にご家族のみで、必ずしもご本人に来ていただく必要はありません。
入所申込をご希望の場合は、このときに入所申込書についてご説明いたします。

TEL:0797-83-5010

※入所申込書は郵送させていただくことも可能です。

2.入所申込

2.入所申込

郵送又は来所にてお申し込みください。

提出書類

  • 入所申込書
  • 認定調査票(基本情報)の写し
  • 直近3ヶ月のサービス利用票・別表の写し

3.判定結果の通知

3.判定結果の通知

入所申込書に基づいて必要性・緊急性を判断し、Ⅰ~Ⅲグループの結果をご通知いたします。

4.待機

4.待機

基本的にグループ順(Ⅰ⇒Ⅱ⇒Ⅲグループの順)に入所していただきますが、空いたお部屋の男女の別・介護度の違いにより若干の順序の前後はございます。

※ なお、ご本人のお身体の状況によっては、他機関(療養型病床群・医療施設など)をおすすめする場合や、入園をお断りするケースもございますので、ご了承下さい。

5.入所のご連絡

5.入所のご連絡

ご入所の順番近づきましたら、ご連絡させていただきます。

準備書類

  • 主治医作成の健康診断書

※ 当施設の書式を送付いたします。入所後の体調管理に必要となります。

6.ご入所前の状態確認

6.ご入所前の状態確認

健康診断書を提出いただき、ご入所日が近づきましたら、生活相談員・看護職員がご入所ご本人の様子を確認するためご自宅等に訪問させて頂きます。
その時お持ちいただく物につきまして、お知らせいたします。

※ なお、ご本人のお身体の状況によっては、他機関(療養型病床群・医療施設など)をおすすめする場合や、入所をお断りするケースもございますので、ご了承下さい。

7.ご入所

7.ご入所

ご家族・ご本人にお越しいただき、契約を行います。

※入所後も体調の変化により施設での対応が困難と主治医が判断した場合は、医療機関等への入院を行います。施設は生活の場なので、医療的な対応には限度があるからです。
入院時より3ヶ月間は「契約期間」となります。その間は病状が回復すれば施設に戻ることができます。
基本的に、契約期間を過ぎますと「長期入院」ということになり、当施設との契約は終了となります。

サービス内容

Service

利用料金が介護保険から給付されるサービス

以下のサービスについては、利用料金の大部分(通常9割)が介護保険から給付されます。

サービスの概要詳 細
起床、就寝
食事時間
起床・就寝時間
起床 6時30分頃、就寝21時頃
食事時間

(朝食)8:00~8:40、(昼食)12:00~12:40
(間食)15:00~15:20、(夕食)18:10~18:50

  • 当施設では、管理栄養士の立てる献立表により、栄養並びにご契約者の身体の状況および嗜好を考慮した食事を提供します。
  • ご契約者の自立支援のため離床して食堂にて食事をとっていただくことを原則としています。
入 浴
  • 一般浴又は清拭を週2回火・土曜日に行います。
  • 寝たきりでも機械浴槽を使用して週2回、月・木曜日に行います。
排 泄排泄の自立を促すため、ご契約者の身体能力を最大限活用した援助を行います。
機能訓練 機能訓練指導員により、ご契約者の心身等の状況に応じて、日常生活を送るのに必要な機能の回復またはその減退を防止するための訓練を実施します。
健康管理医師や看護職員が、健康管理を行います。
その他自立への支援
  • 寝たきり防止のため、できるかぎり離床に配慮します。
  • 生活のリズムを考え、毎朝夕の着替えを行うよう配慮します。
  • 清潔で快適な生活が送れるよう、適切な整容が行われるよう援助します。
貴重品の管理

ご契約者の希望により、貴重品管理サービスをご利用いただけます。詳細は、以下の通りです。

管理する金銭の形態
施設の指定する金融機関に預け入れている預金
お預かりするもの
上記預貯金通帳と金融機関へ届け出た印鑑、年金証書、保険証等
保管管理者
施設長
出納方法

手続の概要は以下の通りです。

  • 預金の預け入れ及び引き出しが必要な場合、備え付けの届出書を保管管理者へ提出していただきます。
  • 保管管理者は上記届け出の内容に従い、預金の預け入れ及び引き出しを行います。
  • 保管管理者は出入金の都度、出入金記録を作成し、その写しを1ヶ月毎にご契約者へ交付します。

利用料金の全額をご契約者にご負担頂くサービス

以下のサービスについては、利用料金の全額をご契約者様のご負担になります。

サービスの概要詳 細
居 室 ご契約者が利用する従来型個室、多床室を提供します。
※ 減免制度あり
食 事 ご契約者の栄養状態に適した食事を提供します。
※ 減免制度あり
理髪・美容月に1回、理容師の出張による理髪サービス(調髪、顔剃)をご利用いただけます。
レクリエーション
・クラブ活動
ご契約者の希望によりレクリエーションやクラブ活動に参加していただくことができます。書道、茶道、華道。クラブ活動においての個人の希望による道具等の実費のご負担をいただきます。
複写物の交付 ご契約者が、サービス提供についての記録その他の複写物を必要とする場合には、実費相当分をご負担いただきます。
日常生活 日常生活用品の購入代金等ご契約者の日常生活に要する費用でご契約者に負担いただくことが適当であるものにかかる費用を負担いただきます。衣服、スリッパ、歯ブラシ等、日常生活用品の購入を代行いたします。
※おむつ代は介護保険給付対象となっていますのでご負担の必要はありません。
預り金管理 利用者の退院や入院等にかかる付き添いは、当施設で行います。
ただし、遠方の医療機関への通院や入院等の場合は、交通費についてご負担いただきます。
その他 ご契約者が、本来の契約終了後も居室を明け渡さない場合等に、本来の契約終了日の翌日から現実に居室が明け渡された日までの期間に係る費用が発生します。

協力医療機関

Cooperating medical institution

医療機関名所在地診療科目
宝塚第一病院宝塚市上月町19-5内科・外科・整形外科・泌尿器科・脳神経外科
宝塚市国民健康保険診療所付属
南歯科保険センター
宝塚市大原野字南穴虫1-85歯科
寺林医院 宝塚市仁川北2丁目5-1 きらら仁川北館1階内科・外科・小児科