施設理念

Idea of Koueikai

「手にまごころをこめて」ノーマライゼーションと人権の尊重

私達は
「生きがい」のある生活・地域との「きずな」・「学び考える」こと
この3つを施設理念として大切にします

運営方針

ご利用者の意思及び人格を尊重し、施設サービス計画に基づき可能な限り、在宅における生活への復帰を念頭において、利用者がその有する能力に応じ自立した日常生活を営むことができるようにすることを目指します。

地域や家庭の結びつきを重視し、市町村保険者、居宅介護支援事業者、居宅サービス事業者、保健医療サービス、福祉サービス提供者との密接な連携に努めます。

施設概要

Equipment outline

設置・経営主体
社会福祉法人 宝成会
施 設 名
特別養護老人ホーム 宝塚シニアコミュニティ
所 在 地
〒669-1211 宝塚市大原野字南穴虫1-253
電話/FAX
TEL:0797-83-5010/FAX:0797-83-5011
施設長名
繁田 宗恭
建物の構造
鉄筋コンクリート造り 地上3階(一部)地下1階
延べ床面積
4457,58 ㎡
併設事業
訪問介護
ホームヘルプなどが家庭を訪問し、食事、入浴、排泄の介助や、炊事、掃除、洗濯など日常生活の手助けを行います。通院時などの乗車・降車等の介助もあります。
通所介護
デイサービスセンターに通い、食事、入浴の提供や、日常動作訓練、レクリエーションなどが受けられます。
短期入所生活介護
短期間施設に宿泊しながら介護や機能訓練を受けることができます。
介護老人福祉施設
護が困難なお年寄りが入所します。
食事、入浴、排泄などの日常生活の介助、機能訓練、健康管理などが受けられます。
居宅介護支援事業所
居宅介護支援事業所とは、介護支援専門員(ケアマネージャ)がご利用者様やご家族様に合った居宅サービス計画(ケアプラン)を作成する事業所です。
介護保険のサービスは、このケアプランにもとづいて提供されますので、介護保険を利用するのに無くてはならない事業所であるといえます。

施設の沿革

平成7年6月グループホームケア事業委託契約・事業開始
(宝塚市光明町公園2棟18名・高松公園1棟9名)
平成7年9月22日宝塚市大原野字南穴虫1番の253建設予定地において地鎮祭
(仮)特別養護老人ホーム 宝塚シニアコミュニティ
平成7年12月25日社会福祉法人 宝成会法人設立認可登記
平成8年11月25日特別養護老人ホーム 宝塚シニアコミュニティ 設置認可
特別養護老人ホーム 80床
ショートステイ 20床
ディサービスB型 15名
平成9年4月1日宝塚シニアコミュニティ ホームヘルプ事業開始
(宝塚市委託事業)
平成12年4月1日

(介護保険制度創設により指定申請)

  • 介護老人福祉施設指定
  • 指定居宅サービス事業
    (訪問介護・通所介護・短期入所生活介護)

(新規事業)

  • 居宅介護支援事業所・在宅介護支援センター開設
平成12年4月10日通所介護:定員の変更 15名 ⇒ 20名
平成13年4月1日

(定員変更)

特別養護老人ホーム  80床 ⇒ 90床
短期入所生活介護 20床 ⇒ 10床
平成14年4月1日通所介護:定員の変更 20名 ⇒ 25名
平成14年12月26日定款変更認可登記
評議員及び評議員会の構成
平成15年4月1日宝塚シニアコミュニティ 配食サービス開始
平成17年12月25日一般乗用旅客自動車運送事業(介護タクシー)開始
「福祉運送事業」(宝塚シニアコミュニティ 訪問介護)
平成21年11月1日通所介護:定員の変更 25名 ⇒ 20名
平成22年8月1日通所介護:定員の変更 20名 ⇒ 25名
平成24年4月1日西谷地域包括支援サブサンター名称を「西谷地域包括支援センター」に変更
令和2年4月1日通所介護:定員の変更 25名 ⇒ 30名

当施設における苦情受付

当施設における苦情やご相談は以下の専用窓口で受け付けます。

苦情受付担当者
生活相談員 戸高 伸介
対応時間:月~金曜日 9:00~17:30
苦情解決責任者
施設長 繁田 宗恭

施設紹介

Floor guide

施設内紹介

previous arrow
next arrow
previous arrownext arrow
Slider

施設広報誌「宝塚シニア コミコミネット」

宝塚シニアコミュニティでは、施設広報誌「宝塚シニアコミコミネット」を2ヶ月に1回発行しています。
行事の様子や豆知識、楽しいなぞなぞなども掲載しています!

施設内でお配りしていますので、ご希望の方は事務所までお声をかけてください。

●最新号 第46号(17.05.11)

助成金・寄贈のご報告

Report

令和元年11月
公益財団法人中央競馬馬主社会福祉財団 様、一般社団法人阪神馬主協会 様

平成31年度施設整備等助成金の交付を受け、厨房の食器洗浄機を入替させていただきました。
総事業費1,231,200円、助成金額が780,000円となっております。

これまでの食器洗浄機よりも汚れがよく落ちるので業務時間が短縮され、職員も大変 喜んでおります。

助成金を交付して頂いた公益財団法人中央競馬馬主社会福祉財団様並びに一般社団法人阪神馬主協会様はじめ、ご協力を賜りました関係各位の皆様に心よりお礼申し上げます。

平成30年2月
中央競馬馬主社会福祉財団 様、一般社団法人 阪神馬主協会 様

平成29年度社会福祉事業等施設整備費として助成金1,300,000円を頂き、福祉車両(日産キャラバン)を購入させていただきました。

車両の整備でより多くのご利用者のニーズに対応でき、御利用者様の安全確保にも繋げることができました。多くの皆様のご支援に感謝の気持ちを忘れず、私達もご利用者様の生活のサポートにより一層の充実を図るよう努力して参ります。
公益財団法人 中央競馬馬主社会福祉財団様、一般社団法人 阪神馬主協会様に、心より厚く御礼申し上げます。

平成26年12月
中央競馬馬主社会福祉財団 様

去る12月8日(月)中央競馬馬主社会福祉財団より助成金を頂き、福祉車両(キャラバン)を購入させていただきました。

車両の整備でより多くのご利用者のニーズに対応でき、職員の安全確保にも繋げることができました。「ハンドルも軽く、とても運転しやすい!」と職員も喜んでいます。 多くのみなさまのご支援に感謝の気持ちを忘れず、私達もご利用者様の生活のサポートにより一層の充実を図るよう努力して参ります。